免疫力を高める食材でがんの予防・改善はできる?

免疫力を高める食材でがんの予防・改善はできる?

免疫力を高める食材でがんの予防・改善はできる?

 

 

免疫力の低下することによって、さまざま病気にかかりやすくなります。特にがんの時には抗がん剤・放射線治療によって免疫力がますます低下することになります。このような場合、免疫力を高める食材を摂取することによってがんの予防・改善に効果が出るという結果が報告されています。ぜひ、免疫力を高める食材とはどんなものかを理解して食生活に取り入れてください。

 

今回は、

 

○免疫力とがんとの関係とは
○がん患者さんへの食事療法とは
○免疫力を高める食材とは

 

これらについてお伝えします。

 

日本人の死亡原因1位であるがんは、今後さらに増加するといわれています。生活習慣の最も基本である食生活に免疫力を高める食材を取り入れてがんの予防・改善に取り組んでください。

 

 

 

○免疫力とがんとの関係とは
 どんなに健康の方でも、からだの中で毎日4千個から6千個の細胞が異常となり、小さながん細胞ができているといわれています。しかし、この小さながん細胞のほとんどは成長しないで死んでいきます。この原因は、我々のからだの中にある免疫応答という仕組みがあるからです。免疫応答とは自己と非自己を区別して非自己の細胞・細菌・ウイルスなどを叩いて除外する仕組みです。からだの中にある免疫を担当する細胞が、小さながん細胞を非自己と認識して取り除いています。
 しかし、この免疫応答の力(免疫力)は加齢などによって少しずつ減少していきます。このようなときに、発がん性物質が知らないうちに取り込まれ、不規則な生活習慣によって免疫細胞が活性化されなくなり、がん細胞の成長力が免疫力を上回ったときにがんを発症することになります。
 免疫力の中心的役割を果たす細胞が白血球であり、からだに発生した小さながんの成長を抑え込み、がんの発生を防止します。
このようなことから、がんが発生する最大の要因は、免疫力の低下であると考えられています。すなはち、免疫力を高めることが、がん細胞にとって脅威でありさらなる免疫力の増強ががん細胞の消滅につながることになります。

 

 

 

○がん患者さんへの食事療法とは
がんになられる方は抗がん剤・放射線治療によって免疫力が低下します。ところが、ある一定の免疫力(リンパ球:1000個以上/? かつ白血球3000個以上/?)以上をもつ患者さんが免疫力を活性化するような食食事内容に変えるだけで、症状が回復するというケースが少なくありません。手術を含めた抗がん剤・放射線治療でも回復が難しいといわれていた患者さんでも試してみる価値はあります。
 基本的には免疫力を高めるにはリンパ球の働きを活性化する食材などを摂取することとバランスの良い食事が重要です。

 

 

 

○免疫力を高める食材とは
 免疫力を高める代表的な食材は抗酸化作用が強く、リンパ球を活性化させるファイトケミカルを含む食材を積極的にとるようにしましょう。ファイトケミカルは植物に含まれる香り・色素・苦味の成分です。次の代表的な食材を紹介します。

 

*ポリフェノール(苦味成分)を含む食材
 トマト・春菊・ブドウ
*アリシン(匂い成分)を含む食材
 にんにく・長ネギ・玉ねぎ・ニラ
*イソチオシアネート(辛味成分)を含む食材
 キャベツ・かぶ・ブロッコリー・大根

 

次に免疫力を高める食材として挙げられるのは大豆からできる納豆です。納豆菌が免疫細胞を活性化する働きがありますので、積極的にとってください。

 

こちらのサプリメントで手軽に取ることが出来ます。

 

おとすりむ水戸納豆
おとすりむ水戸納豆

 

 

さらに、免疫の中心的役割を果たす白血球はタンパク質から作られますので、DHA・EPAなどの不飽和脂肪酸を含む青魚もお勧めです。但し、加熱すると酸化しますので、なるべく刺身・酢の物として摂取する方が良いでしょう。

 

 

こちらもおすすめ!

 

芸能界、医学界、著名人も絶賛!高品質オメガ3系サプリAOZA
AOZA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がんの食事療法のレシピを考えるときのポイントは?

 

 

 

こちらのサイトもぜひご覧になってみてください。

 

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を改善させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング