癌の食事療法におけるフードピラミッドとは?分かりやすく解説します

癌の食事療法におけるフードピラミッドとは?分かりやすく解説します

癌の食事療法におけるフードピラミッドとは?

 

 

アメリカにおいては30年以上前から食事・栄養と癌との関係についての研究が盛んに行われ、その結果、「デザイナーズピラミッド食品」と呼ばれる癌に効果のある野菜・果物をピラミッドの形でランキングづけしました。これらの食材をアメリカ国民に啓蒙した結果、アメリカでの癌の死亡率は減少しました。その後、アメリカにおいて「フードピラミッド」と呼ばれる個人にあった食品摂取の方法を示したピラミッドも啓蒙されています。

 

今回は、

 

○デザイナーズピラミッド食品とは?
○どのような食材が含まれているのでしょうか?
○フードピラミッドとは?

 

これらについてお伝えします。

 

癌の予防のためのデザイナーズピラミッドと健康な毎日を過ごすためのフードピラミッドを、ぜひ、食生活に取り入れてください。

 

 

 

○デザイナーズピラミッド食品とは?
 1990年にアメリカ国立がん研究所が発表したデザイナーズピラミッド食品とは、「デザイナーズ食品計画」研究から得られた結果を受けて、癌の予防効果のある食品40種を3つのランクに分けてピラミッドの形として最上部から効果のある順番に3段階に分類しました。これをデザイナーズピラミッド食品と呼びます。
 この報告をもとに、官民一体となってアメリカ全土に「一日5皿以上の野菜・果物を摂取しよう」(ファイブ・ア・デイ運動を展開しました。
 その結果、1995時点でアメリカ国民一人当たりの野菜摂取量が日本人を上回りました。それまでは、圧倒的に日本人のお野菜摂取量が多かったのが、この運動で飛躍的に摂取量を伸ばしました。また、1998年まで増加していた癌の発生率が1995年から減少するようになったのです。明らかに、食生活の改善が癌の発生を予防した結果となったのです。

 

 

 

○どのような食材が含まれているのでしょうか?
 デザイナーズピラミッド食品に含まれている食材は、我々のからだの免疫力を高める力がありますので、少量でも毎日摂取することが大切です。まさに、昔から言われている「医食同源」です。
 ピラミッドの最上段から含まれる食材を紹介します。

 

1) 最上段
ニンニク、キャベツ、大豆、しょうが、ニンジン、セロリ、甘草

 

こちらのサプリもおすすめです。

 

やわたの【黒香醋にんにく】
やわたの黒香醋にんにく公式サイト

 

 

2) 中段
玉ねぎ、ターメリック、茶葉、全粒小麦、亜麻、玄米、オレンジ、レモン、グレープフルーツ、トマト、ナス、ピーマン、ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ

 

 

3) 最下段
マスクメロン、バジル、からす麦、はっか、オレガノ、キュウリ、タイム、アサツキ、ローズマリー、セージ、ジャガイモ、オオムギ、ベリー

 

 

 

○フードピラミッドとは?
デザイナーズピラミッドより進化した形で、個人ごとの一日あたりどのような食材をどのくらいの量を食べなければいけないかを知ってもらうために、2005年にアメリカ農務省が「フードピラミッド」を発表しました。このフードピラミッドでは自分の年齢・体重・身長から個人ごとの最適な量を食材のカテゴリー別に知ることができます。食材の分類も豆類と肉類が同じ分類になっているとか、一日の塩分の摂取量は小さじ1杯分という日本人では考えられない量になっています。今後、日本版のフードピラミッドが導入されることを期待しています。

 

 

 

食事療法で癌予防!おすすめ本、レシピのご紹介

 

 

 

こちらのサイトもぜひご覧になってみてください。

 

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を改善させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング