癌にニンジンジュースって効果あるの?正しい作り方って?

癌にニンジンジュースって効果あるの?正しい作り方って?

癌に対するニンジンジュースの効果とその作り方

 

 

癌の予防と改善のために野菜は大変重要な食材ですが、その中でもニンジンはトップクラスの癌に効果のあることが立証されている食材です。なぜ、癌に対して効果があるのか、どのようにニンジンジュースを作ると良いのかをしっかりと理解して食生活に取り入れてください。

 

今回は、

 

○ニンジンの癌の予防・改善効果は?
○ニンジンジュースにすると良い点は?
○効果的なニンジンジュースの作り方とは?

 

これらについてお伝えします。

 

一日あたりの野菜の目標摂取量は300〜400gといわれていますが、この量を毎日とるのは大変ですが、ジュースにすると意外と多くの量を摂取することができます。ぜひ、いろいろ野菜と組み合わせてニンジンジュースを飲んでください。

 

 

 

○ニンジンの癌の予防・改善効果は?
アメリカで長年の研究の結果、癌の予防効果のある食品40種を3つのランクに分けてピラミッドの形として「デザイナーズピラミッドフード」と呼んで発表しました。そのピラミッドの頂点に位置する最上段にランクされたのがニンジンでした。
癌の予防・改善に必要なのは、いかにして免疫力を高めていくかと発がん性物質を抑えていくかが重要です。
ニンジンに含まれるβカロテンを代表とするファイトケミカルという物質は免疫力を発揮する上で中心的な役割をはたすリンパ球の活性化させ、がん細胞の増殖を抑え込む働きがあることがわかっています。さらに、ニンジンに含まれるビタミン類は強い抗酸化作用があり活性酸素の働きを弱めることがわかっています。
この他にもニンジンには豊富なミネラルも含まれており、毎日摂取することで癌の予防・改善に効果を発揮することが証明されている力強い健康食材といえます。特に、肺がん・すい臓がんに良い効果があるといわれています。

 

 

 

○ニンジンジュースにすると良い点は?
このように多くの有効な栄養成分を含むニンジンを毎日摂取するときに最もよい方法はジュースの形で多くの量をとることです。効果的なニンジンジュースの場合は、コップ1杯分のニンジンジュースにはニンジン6本ほどをジューサーにかけて作ります。なるべくおおくの量のニンジンを取りたいときは液体だけのジュースにしてください。
市販のジュースについては、製造過程で加熱殺菌処理を行って濃縮します。この加熱によりビタミン群が失われてしまうことがわかっていますのでなるべく自家製のジュースを作ることをお勧めします。

 

 

 

○効果的なニンジンジュースの作り方とは?
自宅で作る野菜ジュースは栄養価も高く、いろいろとアレンジしながら作れるのでその日の体調によって種類を選ぶことができます。効果的な自家製ニンジンジュースを作るときのポイントは次を参考にしてください。

 

1) 新鮮で良いニンジンを選ぶ
色が鮮やかで、首の部分に黒ずみ・青みがないもの、先端が割れていないものを選んでください。
2) 皮は剥かずに使う
皮の部分にβカロテンが多くありますので、そのまま使ってください。
3) 使用前は冷蔵庫にて冷やしておく
蒸れないように、水気をとってひやしておく。
4) 様々な種類の野菜・果物を組み合わせる
単調な味ではなく、味のバラエティを考えて組み合わせてください。果物は皮を剥いて使用してください。
5) 砂糖は添加しない
6) レモン・酢を加える
生にニンジンにはビタミンCを壊す酵素が含まれていますので、レモン・酢を加えてください。
7) 完成したらすぐに飲む(食前に飲む)
消化がはやいため、食後に飲むと先に食べたものを押し流して腐敗させることになります。空腹時に飲むことで、からだのなかの老廃物を排出します。

 

 

 

 

 

 

癌患者に効果的なきのこのレシピとは?

 

 

 

 

 

 

こちらのサイトもぜひご覧になってみてください。

 

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を改善させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング