ガンの治療に有効だとされるキノコ。実際のところどうなの?

ガンの治療に有効だとされるキノコ。実際のところどうなの?

ガンの治療に有効だとされるキノコ。実際のところどうなの?

 

 

キノコの日本国内における生息数は、およそ6000種といわれており、その中の200種程度が食用に用いられています。これまで食品の品質は一次機能としての栄養性、二次機能としての嗜好性が評価の中心でありました。しかしながら最近では、三次機能として生活習慣病予防に効果的な機能性を有する食品が注目されています。機能性を有する食品の中でも近年、ガンに有効であるとして脚光を浴びるのがキノコです。

 

 

そこで今回は、

 

・ガンに一番効くキノコ
・ガンに効くキノコ類
・キノコの特徴と抗ガン成分
・キノコの賢い食べ方

 

について伝えたいと思います。

 

 

 

ガンに効果を示す一番のキノコは?
食卓に並ぶキノコには、椎茸や舞茸、松茸、エリンギ、しめじなど様々な種類が使われています。これらのうちで最もガンに効果があるキノコは残念ながらお伝えできません。というのも、それぞれのキノコが様々な特徴を持っているため、このキノコが一番効果的だと断定できないのです。

 

 

 

ガンに効果があるとされるキノコ
アガリクスやたもぎ茸、サルノコシカケや舞茸は多くの抗ガン成分を含み、ガンに対する高い抑制効果を示すとされています。この他のキノコでも、椎茸からはレンチナン、カワラタケからはクレスチンなどが抽出され、抗ガン剤として利用されています。キノコのガン抑制効果の研究はまだまだ進化を続けていますので、これからも利用できる有効成分が見つかるかもしれません。

 

こちらもオススメ!
【キングアガリクス100】
アガリクス

 

 

ガンの治療に有効だとされるキノコ。実際のところどうなの?

 

 

キノコに多く含まれる多糖類、その名もβ-グルカン
 キノコに含まれる抗ガン成分として、β-グルカンや松茸抗腫瘍蛋白質、ビタミンDなどが挙げられます。その中でもβ-グルカンは、胃や腸で消化されず身体の免疫力を高め、ガン細胞の発生を抑制する効果が非常に高いとされています。そしてこのβ-グルカン、実は大麦オーツ麦などの穀類にも多量に含まれていることが報告されているのです。

 

 

 

キノコの食べ方
 食材としてのキノコは、みそ汁や天ぷらなど様々な料理で使われますので、日頃から口にすることが多い食品だと思います。調理の注意点として、β-グルカンは水溶性のため、キノコの洗いすぎには十分注意してください。また、キノコの煮物を料理した際にも、煮汁も捨てずに利用するように心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に
 キノコにはガンを抑制する効果の他に、コレステロール値を下げる効果があるとされています。このような機能性を有するキノコは、健康の維持に大きな役割を果たしてくれるに違いありません。食卓に一品どうでしょうか?

 

 

 

癌と食生活の関係性

 

 

 

 

こちらのサイトもおすすめです。

 

【効果あり?】福辻鋭記の福辻式高血圧ストレッチのレビュー!評判・口コミ・感想