癌を抑制できる食材。どんな食材をどのように食べれば良いの?

癌を抑制できる食材。どんな食材をどのように食べれば良いの?

癌を抑制できる食材。どんな食材をどのように食べれば良いの?

 

 

癌の発症には、運動不足や環境状態など様々な要因が影響すると言われていますが、その中でも原因の約30%が食生活によるものだと言われています。医師に癌と診断された際には、それまでの生活、特に食生活の不摂生について非常に後悔すると聞きます。これは、日々の食生活について少し注意することで、改善できた可能性を感じるからでしょう。

 

そこで今回は、

 

・癌抑制に効果のある野菜
・癌抑制に効果のある果物
・野菜や果物以外に食べたい食材
・癌にならないための食生活

 

について伝えたいと思います。

 

 

 

癌を抑制できる野菜
野菜の中でも癌の抑制に効果があると知られているものは、人参やカボチャ、ホウレン草などのカロテノイドと呼ばれる抗酸化成分を豊富に含んでいる緑黄色野菜です。この成分には強い抗酸化作用があり、肺がんや大腸がんなどに効果があると知られています。また大根に含まれるイソチアシアネートや、ブロッコリーに含まれるスルフォラファンはともに硫黄化合物であり、これもまた強い抗酸化作用により癌の抑制に効果があるとされています。

 

 

 

 

 

 

 

癌抑制に効果のある果物
 果物の中でも癌の抑制に効果があると知られているものは、ミカンやレモンなどの柑橘類です。これらにはフラボノイドや食物繊維などの多様な成分が豊富に含まれており、抗酸化作用や抗炎症作用を示します。さらにリモネンと呼ばれる癌細胞の増殖を抑制する成分や、ビタミンCも豊富に含むので、免疫を高め癌化した細胞の正常化にも期待が出来ます。

 

 

 

 

 

野菜や果物以外の食べて損しない食材
 ワカメや昆布のような海藻類には食物繊維が含まれており、大腸がんなどに効果があるとされています。また、白飯を玄米や雑穀米に変えることも癌の予防に繋がります。玄米や雑穀米には、発癌の原因に成り得る活性酸素を消去する酵素の働きを助ける、セレンと呼ばれる成分が含まれます。この成分は癌抑制の他にも、脂質の分解や老化防止にも効果がある非常に機能性の高い成分です。

 

 

 

 

 

 

 

癌にならないための食生活
癌の予防に繋がる食生活とは、欧米の肉類重視ではなく、穀類を主食として、豆類や野菜、魚介類などの食材を使った食事をすることです。これは日本の伝統的な食生活そのものだと考えられます。古来より受け継がれてきた日本の食卓をイメージして、健康的な食生活を送りましょう。

 

 

 

 

 

最後に
現代では様々な食材が食卓にまで届きますが、特に野菜や果物が癌の抑制に重要な食材であることは間違いありません。癌は生活習慣病とされるほど、毎日の食生活の積み重ねによって発症するリスクが決まります。野菜中心のバランスの取れた食事を心がけ、健康を大切にしましょう。

 

 

 

デザイナーズフードピラミッドで示された食べ物と癌の抑制効果

 

 

 

こちらのサイトもおすすめです。

 

糖尿病の改善や予防対策に効果的な食べ物とは?