癌に効く食べ物って?野菜はどんな効果があるの?

癌に効く食べ物って?野菜はどんな効果があるの?

癌に効く食べ物って?野菜はどんな効果があるの?

 

 

癌になった時又は癌を予防する上でも食べ物は重要な要因であり、その中でも特に野菜には効果のあるものが多いため積極的に摂取することをお勧めします。どのような野菜を摂取することが効果的であるかを良く理解して食生活に取り入れてください。

 

今回は、

 

○野菜はなぜ癌の予防・改善に効果があるのでしょうか?
○どのような野菜に効果があるのでしょうか?
○どのように野菜を調理して食べれば良いのか

 

これらについてお伝えします。

 

野菜の一日当たりの摂取量は300gと言われ、両手一杯分に相当します。この量を毎日摂取するのは大変ですが、効果のある野菜を選択してかさばらないように調理して癌の予防・改善に取り組んでください

 

 

 

○野菜はなぜ癌の予防・改善に効果があるのでしょうか?
 癌の予防・改善に必要なのは、いかにして免疫力を高めていくかと発がん性物質を抑えていくかが重要です。
最近の研究において、野菜などに含まれるファイトケミカルという物質は免疫力を発揮する上で中心的な役割をはたすリンパ球の活性化させ、がん細胞の増殖を抑え込む働きがあることがわかっています。さらに、野菜に含まれる抗酸化作用をもつ栄養素が活性酸素の働きを弱めることがわかっており、この栄養素の代表的な例がビタミンA,C,Eであり、総称してビタミンACEと呼んでいます。
ファイトケミカルとビタミンACEを含む野菜は癌の予防・改善に効果があるということになります。

 

 

 

○どのような野菜に効果があるのでしょうか?
 ここでは、ファイトケミカル(ポリフェノール・アリシン・イソチオシアネート)とビタミンACEを含む代表的な野菜を紹介しますので、積極的に摂取しましょう。
トマト・ニンニク・玉ねぎ・ニラ・キャベツ・ブロッコリー・大根・キノコ類・ニンジン・カリフラワー・
パセリ・ほうれん草・カブ
これらの野菜を組み合わせて食べることで効果をさらに増すことができます。

 

 

 

○どのように野菜を調理して食べれば良いのか

 

 野菜に含まれる効果ある栄養成分をなるべく失わずに調理することが大切です。次の点を参考にしてください。

 

1) 野菜の色による調理
○赤・黄色系:加熱して良い。
○緑・褐色系:加熱に弱いため生野菜としてオリーブオイルなどと一緒にとると吸収率が上がる
○紫系   :加熱に強い、水溶性であり水に溶け出す

 

 

 

 

 

 

 

 

2) 皮つきの野菜は皮ごと食べる(ニンジン・大根・カブなど)
皮つき野菜は皮に栄養成分が多く含まれていますので、皮ごと調理してください。

 

 

 

 

3) 煮る・茹でると良い野菜
加熱して良い水溶性の野菜(大根・玉ねぎ)は湯の中に栄養成分はそのまま溶け出しますので、スープ・味噌汁として摂取してください。
脂溶性野菜の場合(ほうれん草・ニンジン・トマト)は油を一緒に調理することによって効率的に栄養成分を摂取できます。
野菜を加熱することでカサが減りますので、多くの量を摂取できます。

 

 

 

 

4) 蒸すと良い野菜(キャベツ)
煮る・茹でるより栄養成分が野菜に残りますので、蒸す方が効果的です。

 

 

 

 

5) 生のままで良い野菜
カリフラワー・パセリなど

 

 

 

癌を抑制できる食材。どんな食材をどのように食べれば良いの?

 

 

 

 

井上俊彦のメディカルイーティング(ガン篇)のレビューや評判・口コミ・評価について