キャベツは抗がん作用あり?癌に効果がある食材なの?

キャベツは抗がん作用あり?癌に効果がある食材なの?

キャベツは抗がん作用あり?癌に効果がある食材なの?

 

 

キャベツは日本人にとっても馴染みのある食材であり、生で食べるときの歯ごたえと噛んだときの甘味などによって欠かすことのできない食材となっています。このキャベツには意外と知られていない抗がん作用がある栄養成分が含まれています。ぜひ、そのパワーを勉強して日頃の食生活に取り入れてください。

 

今回は、

 

○キャベツのもつ抗がん作用とは?
○どのように調理して食べれば良いのでしょうか?

 

これらについてお伝えします。

 

一年中、手軽に買うことができるキャベツはいろいろなレシピを使って食べることができますので、他の野菜より毎日の食卓に取り入れやすい食材です。積極的にキャベツを食べましょう。

 

 

 

○キャベツのもつ抗がん作用とは?
 アメリカ国立がん研究所が発表した、癌の予防・改善に効果のある食材ランキングでニンニクに次いで2番目に挙げられている食材がキャベツです。
 癌の予防・改善に必要なのは、いかにして免疫力を高めていくかと発がん性物質を抑えていくかが重要です。
キャベツにはファイトケミカル物質の中のイソチオシアネートという成分を含んでおり、この成分は免疫力を発揮する上で中心的な役割をはたすリンパ球の活性化させ、がん細胞の増殖を抑え込む働きがあることがわかっています。さらに、発がん性物質を抑制するペルオキシダーゼという酵素も含み、抗酸化作用の働きをもつビタミンCとビタミンUも豊富に含まれています。
 一見すると栄養価が低いように見られるキャベツですが、肺がん、膀胱がんの予防に有効であり、さらに胃潰瘍の予防に効果があることがわかっています。

 

 

 

○どのように調理して食べれば良いのでしょうか?
 最初に、キャベツを調理するときに忘れいけないのはどこに栄養成分があるかです。普段捨てられている表面の濃い部分に栄養成分が集まっていますので、この部分は捨てないで必ず使用してください。
 また、調理方法によっては栄養成分を失うこともありまので注意が必要です。特に、キャベツに多く含まれているビタミン類は熱に弱くて、水の溶けやすいという性質を持っています。

 

1) 長時間に渡り茹でる・長い間の水洗いは避ける
水に5分もつければビタミンCは20%減少します。

 

2) 生のまま食べる
キャベツの芯の部分もビタミンが多く含まれているので食べましょう。

 

3) 多くとるには蒸す
水につけないので、栄養成分は溶け出しませんが、長時間加熱するとビタミンが減少します。そこで、電子レンジを使って短く蒸すことをお勧めします。

 

4) 汁ごと食べるには煮る
溶け出した栄養分を一緒にとるには、ミネストローネ、味噌汁、ロールキャベツなどのスープにすることをお勧めします。
調理方法としてのお勧めの順番は生?蒸す?煮る?茹でる・炒めるになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

癌のための効果的な食事療法のレシピをご紹介!

 

 

 

こちらのサイトもぜひご覧になってみてください。

 

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を改善させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング